ANPI NEWS&EVENT NEWS

HOME >> ANP NEWS&EVENT >> NEWS

カテゴリー別記事一覧: 講座

はたらくためのにほんご Japanese Class for Working in Japan が開催されます


はたらくためのにほんご
Japanese Class for Working in Japan
Curso de Japonês gratuito para trabalho no Japão
为了能在日本更好的工作,可以免费学习日语的培训班

【無料! FREE! 免費! GRATUITO!】

厚生労働省委託事業 外国人就労・定着支援研修「はたらくためのにほんご」が開催されます。

■研修期間:2018/1/11~3/12
■曜日・時間:月曜日~金曜日(Mon.~Fri.)18:00~21:00
■会場:大原学園長野校(JR長野駅東口)
■申込締切:2017/12/27

■レベル:日本語能力試験N2を合格するための勉強

★問合先 大原学園 9:00~17:00
 ・中国語/日本語 担当者:馬 蔚(ま い)090-2533-1429
 ・English/Spanish/Portuguese 担当者:Language One(ランゲージワン)03-6436-3687

★申込はハローワークで相談してください。

【東京会場】感染症(結核・HIV)通訳養成講座のお知らせ


2017感染症通訳養成講座案内(PDF)

 

 多言語社会リソースかながわ(MIC かながわ)では、下記のとおり、厚生労働科学研究事業との連携により、感染症(結核・HIV)通訳 養成講座を開催いたします。

 この研修は、保健所などから外国人の感染症患者(結核とエイズ)を支援するための通訳の依頼 を受ける可能性がある団体職員やボランティアスタッフを対象とし、感染症に対する正しい知識 と的確な技能を持っていただくことを目標としています。このため、知識の習得を中心とした基礎 講座と的確な通訳のできる技能を身につけるための実技演習の 2 部構成で実施します。

 ご関心と意欲のある方々のご参加をお待ちいたしております。なお、参加費は無料です。

 

第1部      感染症通訳のための基礎講座

対象言語:どの言語でも参加可

日  時:2017年11月18日(土)10:00~16:00

会  場:東京八重洲ホール2階201会議室(東京駅八重洲中央口から徒歩約3分)

 

第2部 感染症通訳のための実技演習

対象言語:中国語、ネパール語、フィリピン語、ベトナム語

     ※ 受講は第1部参加者に限ります。

日  時:2017年12月9日(土)13:30~16:30

会  場:東京八重洲ホール2階201会議室(東京駅八重洲中央口から徒歩約3分)



※ 申込み締切りは、11 月 9 日(木)(第1部、第2部とも)です。ただし、定員に達した場合には締切り日前に受付を終了します。


  詳細は、上記PDFファイルまたはMICかながわのホームページをご参照ください。

 

【申込・問合せ先】

  MICかながわ事務局(平日 9:00~17:00)

  ☎ 045-314-3368          FAX 045-342-7918

  mickanagawa@network.email.ne.jp

 

バイリンガル日本語指導者育成講座の修了式が行われました。


バイリンガル日本語指導者育成講座の最終講座が、9月10日(土)に岡谷市(会場:イルフプラザ3階)で行われました。今年度は、45名の受講者のうち41名に長野県国際課長様から修了証書が授与されました。5月からの8日間計16講座でしたが、多くの方が意欲を持って参加していただきました。本当にお疲れさまでした。41名の修了者はバイリンガル指導者として、これから各地域で「外国人コミュニティーのための日本語教室」を計画して開催することを目指します。  最終講座は全8グループが模擬教室として、自分たちが行う1テーマを選んで発表をしました。「病院で診察をする際に困らないよう必要な日本語を学ぶ」、「急病人がいるときの救急車の呼び方」、「保育園と幼稚園のちがいはどんなこと?」、「ごみの出し方、分別のしかたを学ぶ」などが出されました。発表は、現場の状況を再現した演技力いっぱいの寸劇を考えたり、表情豊かでとても最初とは思えない発表者など、会場全体が大きな笑いのうずとなる楽しい発表でした。このグループの皆様が、地域の様々な方々との触れ合いを大切にしながら、楽しく「日本語教室」が開催できるよう、活躍を期待したいと思います。

               写真は、修了式後の記念撮影、模擬発表、受講者等の様子を写しております。

 

%e4%bf%ae%e4%ba%86%e5%bc%8f%ef%bc%88%e8%a8%98%e5%bf%b5%e5%86%99%e7%9c%9f%e3%80%80h28-9-10

%e6%9c%80%e7%b5%82%e8%ac%9b%e5%ba%a7%ef%bc%88%e6%a8%a1%e6%93%ac%e7%99%ba%e8%a1%a8%e3%80%80%e4%bf%ae%e4%ba%86%e5%bc%8f%e3%80%80h28-9-10

外国籍生徒等進学ガイダンスの開催のお知らせ


平成28年度外国籍生徒等進学ガイダンス(2016)を次の内容で行います。

1 目 的

  長野県内の小学校、中学校では、日本語を母語としない外国籍及び外国由来の児童・生徒が増加しており、子供たちの日本語習得状況の差異により、学習、進学等に多くの問題が生じています。

  外国籍や外国由来の児童・生徒にとって、その進路には多くの可能性がある反面、高校受験を始め数々の壁が彼らを待ち構えています。特に保護者にとっては、言葉の壁や文化習慣の違いから子ども達の進路について、理解しにくい場合もあると思います。

  そこで、生徒本人や保護者が、高校進学や進路のことで分からないことや疑問に思っていること、不安などを解消するために母語での通訳を介し、人生の選択に必要な情報を提供し、一人でも多くの生徒が未来を考えるための場として、「進学ガイダンス」を開催します。

2 対 象

  日本語を母語としない(外国出身)生徒その保護者及び関係者

3 ガイダンスで行うこと

  (1) 全体説明

     ァ 進学について

      ・日本の学校で学ぶことについて

      ・高校進学について

     ィ 先輩の話

  (2) 個別説明   言語別個別説明、相談

4 開催日時、開催地

  午後1時~4時まで(松本会場は午後1時半~4時半)

  なお、ご不明の点は、(公財)長野県国際化協会(TEL 026-235-7186)へお問い合わせください。

    ・7月23日(土)上田市(上田市中央公民館)

    ・7月24日(日)飯田市(松尾公民館)

    ・7月30日(土)松本市(松本市松南地区公民館「なんなん広場」)

    ・9月25日(日)長野市(もんぜんぷら座)

  ※上田会場は、上田市多文化共生推進協会主催の「教育ガイダンス」と合同で開催しますので、

   内容は他の会場と異なる場合があります。

5 主 催

  ・各地区進学ガイダンス実行委員会  ・(公財)長野県国際化協会(ANPI)

6 共 催

  ・長野県教育委員会

  ・中信多文化共生ネットワーク<CTN>

  ・上田市多文化共生推進協会<AMU>

  ・飯田国際交流推進協会

7 後 援

  ・長野市教育委員会、松本市教育委員会、上田市教育委員会、飯田市教育委員会

8 その他

(1) 必要に応じて通訳をつけます。

(2) 参加費、資料代は無料です。

(3) 生徒は、できるだけ保護者と一緒に参加していただくようお願いします。

外国籍生徒等進学ガイダンスの開催のお知らせ 各言語版チラシ

H28 外国籍生徒等進学ガイダンス(日本語)チラシ(Word書類)

H28 外国籍生徒等進学ガイダンス_地図(Word書類)

H28 外国籍生徒等進学ガイダンス_タガログ語(Word書類)

H28 外国籍生徒等進学ガイダンス_タイ語(Word書類)

H28 外国籍生徒等進学ガイダンス_英語(Word書類)

H28 外国籍生徒等進学ガイダンス_ポルトガル語(Word書類)

H28 外国籍生徒等進学ガイダンス_中国語(Word書類)

バイリンガル日本語指導者育成講座の第3回目を開催しました。


バイリンガル日本語指導者育成講座の第3回目講座が昨日、岡谷市イルフプラザ3階カルチャーセンター生涯学習館で行われました。講師は、グローバル人財サポート浜松代表の堀永乃先生です。

先生が受講者の皆様に伝えたかった大事なことは、皆様は長野県、地域にとって大事な財産(宝物)です、皆様が行う日本語教室は、バイリンガル日本語指導者だからこそできることがたくさんありますよ、自信をもって計画して教室を行ってくださいということだと思います。
皆様の周囲におられる後輩や来日して間もない外国籍の方々に、自分が今まで経験した困ったことや苦しんだことなどを母国語で教えてください。どういう方法でそれを解決したか、日本社会のルールのどこが分からなかったのかなど、皆様が行った日本語教室に参加して覚えた言葉や理解した日本文化などを使って、参加者自身がもっと自分の活動範囲を広げることができるような講座を目指してください。

昨日は、グループごとに、自分が今までこんなことで恥ずかしい思いをしました、こんなことで苦しみました、こんなことで大変困りましたなど、いろいろなことを話し合いましたね。
野菜のほうれん草を伝えるために、ポパイの主題歌を一生懸命歌ったこと、本家のルールが分からず大変苦しんだこと、「わざと」と「わざわざ」の使い方を間違えて大変こまったこと、畳の上でのお客様とのあいさつの方法で叱られてしまったことなど、全員爆笑もしましたが、今まで本当によく頑張ったねという思いが強く感じられました。
講座の最後は、自分たちの日本語教室はこんな姿で行いたいという考えを、グループごとに模造紙に書き込みました。これからは、この内容を具体的な形にできるよう、講座でさまざまな知識を吸収してください。受講者の皆様の強い意欲がたくさん見えた講座となりました。

次回は、7月9日(土)です。是非参加してください。お待ちしています。

   講座の写真は、FBにアップしています。ご覧ください。